ホーム マイアカウント お問い合わせ




「真萃」(彫り銘)と 銀文字「一萃」(彫り銘) について


ファイバー弓用のカーボンシートの仕様が従来のものとは違ってきたため、それに対応すべく作風にも工夫が必要となったため従来の真萃とは大いに違う感覚で製作いたしましたのが新しい作品、
「真萃(彫り銘)」、「銀文字 一萃(彫り銘)」です。
性能的には従来の作より厚みが薄く、従って重量は非常に軽量になりました。
軽いことは「離れ」の衝撃を軽減することに繋がり、射技的な感触(肩味)は格段に向上いたしました。
銀文字「一萃」彫り銘は特に顕著に感じられることと存じます。